宿泊の予約は熊野トラベル 熊野古道の宿が詳しく紹介されています。歩く時の荷物搬送(有料)も頼めます

ツアーの予約は奥ジャパン ウォーキングの経験別、日数別のツアーが紹介されています。荷物搬送の費用も、代金に含まれています。

熊野古道中辺路の宿泊

出発点の滝尻から熊野本宮まで38.5km。

途中の宿場は、高原(滝尻から平均的な速度で歩いた場合3時間、4km)、近露(同7時間、13km)、野中(同8時間、17km)

熊野古道中辺路 完歩したい方

熊野の日没時間は3月から9月上旬までが18時以降ですが、9月中旬から2月の秋・冬は18時以前になります。山の谷間はもっと早くから暗くなります。

遠方から南紀白浜空港や紀伊田辺駅に朝到着する場合、利用できるバスが出発点の滝尻に到着するのは、早くても午前11時ごろになります。平均的な速度で歩くと、宿には高原なら14時、近露なら18時、野中には19時に到着することになります。

  • 秋冬に熊野古道を歩く方、ウォーキング初心者の方は、1泊目に高原、または、紀伊田辺駅周辺に前泊することをお勧めします。
  • 選ぶポイントは、夕日、星空、雲海などの景色を選ぶ方は高原、紀伊田辺駅近くで居魚屋が軒を連ねる味光路(あじこうじ)に行きたい方は紀伊田辺駅周辺で泊まりましょう。
  • 登山やトレッキングで歩きなれた方は、1日目:近露か野中(秋冬はヘッドライト)、2日目:本宮付近(本宮・湯峯温泉・川湯温泉)、3日目:小口、4日目:紀伊勝浦に宿泊すれば、中辺路を完歩できます。
  • 小雲、大雲取越も完歩したい方は、小口の宿泊施設が少ないので、まず、小口の宿泊施設を予約しましょう。

南紀白浜空港・紀伊田辺駅から滝尻・近露・熊野本宮のバス時刻表

熊野トラベル 小口の宿

熊野古道中辺路 ハイライトを歩きたい方

滝尻から高原(3時間)

  • 滝尻のそばで狭い岩の隙間を産道とする胎内くぐりをして、生まれ変わり、古道を歩き始めることができます。
  • 高原では、迫る山並みと美しい棚田を見ることができます。高原熊野神社には、熊野古道中辺路で最も古い現存の社殿が残り、くすのきの巨樹がそびえています。

高原の山並みと棚田

牛馬童子から近露王子(1時間)

  • バス停 牛馬童子口から熊野古道に入ると、かわいらしい牛馬童子さんがいます。
  • 箸折峠から、古道の宿場 近露を一望し、日置川の清らかな流れを見て、近露王子にお詣りします。

近露 日置川の朝霧

近露王子から継桜王子(2時間)

  • 横矢・野長瀬一族の五輪塔のお墓に手を合わせ、1時間ほど坂を上ると、茅葺のとがの木茶屋があります。
  • 継桜王子には、樹齢800年の野中の一方杉がそびえています。南方熊楠さんが明治政府の神社合祀令に反対し、守った巨木です。

発心門から本宮(2時間)

  • 仏教を信じる心を発する発心門から熊野本宮までの霊域を歩く、2時間のほぼ下り坂のコース
  • のどかな集落を通り、お茶畑やお地蔵さんの微笑みに癒され、途中の伏拝では、折り重なる果無の山々を望めます。
  • ちょっと寄り道ポイントは絶景なので、寄り道しましょう。
  • 檜皮葺が厳かな熊野本宮で、人生の目標の成就を祈ります。その後にくぐる、大斎原の大鳥居は圧巻です。

新宮速玉大社と神倉神社のごとびき岩(2~3時間)

朱塗りの華やかな速玉大社におまいりします

神倉神社では源頼朝が寄進したという急な石段を登り、丘に鎮座する巨岩ごとびき岩におまいりします。

大門坂から那智大社・那智の滝(2時間)

杉並木の中の美しい石畳の大門坂を登り、那智大社、那智の滝におまいりします

滝尻から熊野本宮までのプラン一例(2泊3日)

1泊目:

  • 滝尻から高原(3時間)まで歩き、高原から30~40分歩いて、栗栖川バス停へ。
  • 栗栖川バス停から本宮大社方面のバスに乗り、牛馬童子口バス停で降りる。15時37分発、15時49分着
  • 牛馬童子さん、近露王子におまいりし、1泊目は近露に宿泊。

2日目:

  • 近露から継桜王子・野中の一方杉(1.5時間)まで歩き、20分歩いて野中の一方杉バス停へ。
  • 野中の一方杉バス停から本宮大社方面のバスに乗り、発心門に向かう。快速バスの場合、本宮大社で発心門行きに乗り換える。
  • 例:野中の一方杉発9時12分→本宮大社で乗換→発心門着10時25分、
  • 例:野中の一方杉発11時25分→本宮大社で乗換→発心門着12時15分
  • 発心門から本宮大社まで歩く。(2時間)

栗栖川、牛馬童子口、野中の一方杉、熊野本宮大社のバス時刻表

熊野古道を歩く時の服装・持ち物

熊野古道中辺路は修行の道、急な登り降りがあるトレッキング道です。石畳もあり、雨に濡れたら滑りやすいです。

  • 靴は履きなれた運動靴、トレッキングシューズトレイルランニングシューズ(靴底が柔らかいのですべりにくく、硬いトレッキングシューズで豆ができる人にもお勧め)
  • ウォーキング用のストック、できれば2本使いましょう。上りはストックに上半身の体重をかけると、あとは足を持ち上げるだけです。下りはストックをつくと、転ぶ危険と膝への負担が減ります。私はストックを使い始めてから、古道を歩いても、筋肉痛がほとんどありません。事前に買って、使い方を練習しておくほうがよいです。出発点の滝尻で、ストック、杖を売っています。
  • 雨の予報が出ていたら、ポンチョ、カッパ、傘を用意しましょう。
  • 秋・冬に中辺路完歩を考える方は、ヘッドライトがあると安心です。
  • 飲み物、熱中症に気をつけましょう
  • スタンプ帳 せっかく熊野古道を歩くんですから、完歩の証明のために、スタンプを集めましょう。スタンプ帳は滝尻の熊野古道館で、スペインの巡礼道と共通のスタンプ帳を、無料でいただけます。
  • 2つの道を歩いたら、デュアルピルグリム完歩者として、インターネットに名前入りで紹介されます。
  • デュアルピルグリム完歩者の紹介ページ

熊野古道中辺路の脱出ポイント

滝尻から近露、野中まで歩く予定を、大雨、強風、体調不良などで、短縮したい場合、脱出ポイントは2つあります。

  • 滝尻から3時間の高原から、30~40分歩いて、栗栖川バス停に下り、バスに乗る
  • 大坂本王子から牛馬童子口バス停に出て、バスに乗る

栗栖川、牛馬童子口のバス時刻表